ケンコーホームの本社[(株)豊橋原木センター]は地元の木材問屋として永年の信頼と実績を持っています。三河材のムク材をふんだんに使った内装は、健康と住み心地の良さをお約束します。
これからの住まいは省エネルギー快適健康住宅です。オール電化仕様のFPの家は室内の空気の汚れを押さえ、安全でクリーンな暮らし。家の性能を100%引き出します。常春のすまいを体感して下さい。

FPの家はこんな住宅です。


冬暖かく、夏涼しい。

高性能構造のFPの家。その秘密はパネルにあります。冷蔵庫の断熱材にも使われている硬質ウレタンパネルを使用、その気密性能は新省エネルギー基準を上回っています。
点と線で
支える
従来軸組工法
100年対応の構造体、面で支えるウレタン断熱パネル



空気をコントロールできる家。
だから、人も家も健康的なのです。
花粉やホコリをシャットアウト
24時間換気システム
いつでもクリーンな計画換気システムです。快適な毎日のために、完成時全棟風量測定。
無結露50年保証の耐久性のある素材。
無結露50年保証
FPの家では、経年変化も性能劣化も少ない高耐久の証として、ウレタン断熱パネルの素材内部について、50年の無結露を保証しています。
樹脂サッシペアガラス
他社と差の付く樹脂サッシ



シルバーパット付遮熱・断熱パネルFP遮断パネル
ひとつひとつのパネルが、3段階で、
屋根からの不快な暑さをガード
広々とした室内空間、四季を通しての爽快感、優れた省エネ性能。「FPの家」はあなたと、あなたのご家族が描く「爽快」を、美しく機能的で頑丈なカタチに仕上げます。
■野地板を張る直前のFP遮断パネル
ご存知ですか、真夏の屋根は触れるとヤケドするほど熱くなることを。『FP遮断パネル』を使った『FPの家』は、室内に侵入する熱を大幅にカット。
今までの屋根裏が最大限
室内空間として使用できます



全棟の性能測定を行っています。
一般的に高気密・高断熱の住宅はたくさんありますが、しっかりした計画換気がなされていないとせっかくの高性能もいかされません。気密をよくすることですき間風がなくなり、給気から排気へと計画的に風の流れがつくれます。また余分な換気をすることなく最小限の換気で快適な空気環境が実現できます。
高気密・高断熱・計画換気3点セットが大切です。

 高性能を数値で実証してからお引渡しをいたします。

「FPの家」は基本性能が違います。
具体的な数値を表示できるのは、FPの家ケンコーホームの自信です。

完成時全棟熱損失係数(Q値)の測定

次世代エネルギー基準を最高レベルでクリア


●表示の仕方が変わり、新省エネルギー基準の1.38kcal/m2h°cに相当
●間取によって異なります。

建設省、通産省による次世代省エネルギー基準の都道府県別地域区分とQ値

※Q値=熱損失係数(W/m2K)とは、わかりやすく言うと、建物内外に1°Cの温度差があると仮定した時に、建物から逃げていく総熱量を床面積で割った数値のこと。ですからQ値が低いほど冷暖房効率がよく、快適で高性能な住宅であるといえます。

完成時全棟気密性能(C値)の測定
冷暖房費が一般住宅の3分の1程度になります
●弊社において過去完成引渡しされたFPの家の平均値です。
●間取によって異なります。

住宅の気密性は、建物、間取り、設計など条件がそれぞれ異なるため、1棟ごとに実測しなければなりません。気密性は、隙間相当面積(C値)と呼ばれるもの(単位はcm2/m2)で表します。
これは、床面積1m2当たりにつきどれくらいの隙間があるかという事で、数値が小さいほど隙間がなく性能の良い住宅となります。

完成時全棟風量測定(換気機能確認)
高気密・高断熱を活かし、快適な住環境を維持するためには、計画的な換気システムが必要です。
「FPの家」では、完成時に全棟風量測定を行い、換気機能が正常に機能しているかどうかを検査してから、お引き渡ししています。



●安心の保証制度●

工事途中や入居後のさまざまなトラブルも、万全な補償システムで対応しております。
完成保証(履行保証保険)
「住宅品質確保促進法」に対応しております。
建設工事保証(建設工事保険)
工事中の賠償保証
(請負賠償責任保険)
地盤賠償(地盤賠償保険)
瑕疵保証
(瑕疵保証保険)
引き渡し後の賠償責任(PL法)
「FPグループ総合補償制度」の詳しいご説明はこちら。

公庫融資を使ってらくらく返済ができます。

FPの家についてもっと詳しく知りたい方はこちらへ

*『FPの家』パンフレットご希望の方はこちらからアンケートにお答えください

fp@kenko-home.co.jp
copyright (c) kenko home / since 1999