ペットと楽しく暮らす家
ペットは大切な家族の一員。でも、家を建てる時に家族の意見は尊重できてもペットの意見には誰も注意を向けません。物言わぬペットたちにも理想とする家がきっとあるはず。そんな視点から、ペットと楽しく暮らす家づくりを研究してみましょう。
【近隣への配慮】 【ペット臭】 【安全対策】
まず、もっとも気を付けたいのは近隣への配慮、犬と聞いただけで恐怖を感じる人もいますので、玄関先などで犬と人間が接するような場合、犬嫌いの人のことも考慮するべきです。 室内でペットを飼う場合、ペット臭に気づかない人が多いものです。初めて訪問したお客様には思いもかけず強烈な臭いに感じることもあります。
ペット臭を解消する最良の策はズバリ換気です。24時間換気システムならさらに万全です。
室内で飼う場合、もう一つ気をつけたいのがペットの安全対策です。
例えぱIHヒータを使用中に、ねこがヒータ上に飛び乗って大やけどをする場合もあります。ペットが入ってこれないようにするのは飼い主の義務といえるでしょう。

犬と暮らす。ペットに優しい素材を考える
フローリングが一般的ですが、犬にとっては滑りやすいため、骨折や関節を傷めることがあります。滑り止めのワックスをかけるようにしましょう。また、塗装面はアンモニアに弱いものが多いため、オシッコはマメに拭き取りましょう。
カーペットを敷く場合、毛足の短いものか、タイルカーペットを。最近では消臭機能や防ダニを施したものもあるので、専門店で確認してみましょう。
タイルを使う場合には、表面が凸凹した滑りにくいものを選びましょう。水拭きもできるし、丈夫で長持ちします。また、体温調節の冷却コーナーとして犬も喜びます。


【室内に置くサークル】
例えばリビングの一角にペットコーナーを設ける場合、設計段階から設置場所を決めておくと、サークルが部屋の中に飛び出さないレイアウトも可能です。


【玄関の犬台】
靴箱の上でも良いのですが、高さ945ミリメートル程の飾り棚を設けておくと、ワンちやんのリードを装着する作業にピッタリ。ただし、小型犬に限ります。

【ガーデンパン】
勝手口に設置して足洗いや小型犬なら丸洗いもできるガーデンパン。シャワー設備がついてるものが便利です。理科室シンクをセットするとさらに良いですね。


【ドッグフェンス】
室内ドアと一緒にセットする、ペット専用のフェンスドアです。ペットの爪も傷めないよう、柔らかい特殊な面材を使ったものもあります。

知っておきたいペットのこと
例えば犬は習性として、飼い主と隔離されると不安になり、問題行動を起こす『分離不安』というものがあります。常に人の気配を感じられるような配置を工夫してあげたいものですね。
また反対に、犬にも一人になりたい時や飼い主に叱られた時の『隠れ家=個室』が必要です。階段下などのスペースを犬専用室にしてあげましょう。これは、犬嫌いのお客様が来られた時の犬の避難場所にもなります。
犬は寒さに強いけれど暑さには弱いので、身体を冷やせる場所が必要です。床タイルを貼っておくと、夏はひんやりとして犬にとって最高の居場所になります。

猫と暮らす。ペットに優しい素材を考える
壁材を選ぶ際には、傷に強くて汚れが落としやすいものを。特殊樹脂化粧フィルムを使ったものだと耐傷性にも優れ、多少のひっかき傷にも負けません。
には室内を自由に出入りできるような、ペットドアもあります。これは、ドアの下部にペットのための「くぐり戸」をつけたもの。くぐり抜けたあとピッタリ閉まるようにマグネットストッパーがついたものや、やわらかい軟質系秦材をくぐり戸に使ったペットに優しいものなど、種類も豊富です。
カーテンは必ず防ダニ加工されたものを選びましょう。ねこを飼う場合、レースのカーテンは飛びかかったり爪でひっかけたりするので、ブラインド感覚で設置できるプレシェードがいいようです。


【ペットハウス付き収納】
壁に設置する収納棚の下段にペット用ハウスを設置した収納。三方を壁で囲まれつつ、飼い主の動向も見渡せるのでねこも安心です。


【ねこ用トイレ】
臭気や後始末のことを考えて、思いきってトイレ内にねこのトイレもセットしてみては?くぐり戸にすれば自由に出入りできるし、壁側に爪とぎボードを設置すればなお万全。

【窓ネット】
ペットによる網戸のひっかきを防止する網ネットです。窓の開閉には影響ありません。


【ねこ専用ルーム&爪とぎ公認腰壁】
階段下のスペースに、ねこ専用の個室を設置。人目に触れない安心できる場所になります。
また、回りの腰壁材には爪とぎやこすりつけにも強い耐傷惟・耐汚性秦材を使用すればさらに万全。

知っておきたいペットのこと
自由気ままで好奇心旺盛、ねこほどペットの自覚がないペットはいないと思うけれど、そこがまたねこ好きな人にはたまらない魅力です。
ねこは季節や時間に合わせて、もっとも快適な居場所を探す名人です。暖かいところが好きで、高いところが好きで、囲まれた狭い場所が大好きです。
また、好奇心が旺盛なので家の空間を大胆に利用したキャットウォークを設置してあげましょう。日なたぼっこをする特等席も用意してあげてください。ねこは日なたぼっこをすることで皮膚を消毒し、毛根にビタミンDができる成分が作られます。それを舐めることでビタミンDを吸収するのです。

fp@kenko-home.co.jp
copyright (c) kenko home / since 1999